再受験生にとっての当予備校のメリット

数多くの再受験生の合格実績

国公立医学部を含めて例年複数の再受験生の医学部進学者を輩出しています。

会社や大学に通いながら医学部再受験をされた方、休学をするなど浪人生と同じ環境で再受験された方、理系科目が初学で再受験をされた方など様々なタイプの再受験生を指導してきており、それぞれに最適な課題作成・受験校のアドバイスが可能です。

これまで多くの再受験生を指導してきた中で分析した医学部再受験の勉強法+情報まとめもご参考ください。

再受験生の医学部合格実績

*合格実績の詳細は合格実績をご覧ください。

*二次試験合格者のみ。すべて医学部医学科のみ。(推薦入試の合格者や一次試験のみの通過者は一切含まない)

2019

広島大学

日本医科大学
東邦大学3名
産業医科大学
国際医療福祉大学
杏林大学2名(東京都枠1名)
東京女子医科大学
久留米大学
東海大学2名
聖マリアンナ医科大学2名
埼玉医科大学

2018
東海大学
帝京大学

2017
三重大学
島根大学

東京医科大学
東海大学
聖マリアンナ医科大学
帝京大学
愛知医科大学
藤田保健衛生大学
岩手医科大学

再受験生の医学部合格体験記

(卒業生講師)【2019】東京女子医科大学 合格体験記(再受験・女性)

【2019】日本医科大学 合格体験記(再受験・男性)

【2019】杏林大学医学部(東京都枠) 合格体験記(再受験・男性)

【2018】東海大学医学部 合格体験記(再受験・女性)

【2017】島根大学医学部 合格体験記(40代の再受験・女性)

【2016】島根大学医学部/日本医科大学<理系初学> 合格体験記(再受験・女性)

その他の合格体験記は医学部合格体験記をご覧ください。

医師による最適な受験校(国公立、私立とも)のアドバイス

当塾は医師が運営、指導を行っています。

医師の立場から、また200名以上の医学生を輩出してきた経験から最適な受験校のアドバイスを徹底して行っています。当塾の経験上、再受験生は受験を推奨しない医学部も多くはありませんが存在します。特に国公立医学部では受験校選びが合否を大きく左右します。

また、本質的な医学部受験情報の提供が可能です。ACE Academyが配信している医学部受験バイブルにて、医学部受験に必要な情報を配信していますので是非ご活用ください。

医師による効率の良い面接・小論文対策

医師が各生徒様個別での面接・小論文の添削をします。再受験生は再受験をする理由はほとんどの医学部で聞かれる項目なのでしっかり準備をしていきます。

ただ、これまでの指導の経験上、面接や小論文対策は医学部受験においてそこまで重要ではなく、結局学力をしっかりつけることが医学部合格のためには最優先であり、面接小論文の対策は効率よく行う指導をしております。

医師が運営・指導しており卒後のことも含めたアドバイスが可能

再受験生はご年齢の点など医学部合格後や卒業後のキャリアについてご心配されている方も多くいらっしゃいます。当塾では医師が運営・指導しているため、医学部に進学された卒業生にはご相談に乗ることも可能です。

医学部予備校で最も安い学費の実現

上記のメリットを提供しながら月額10万8000円(税込)と、医学部予備校の中で最も安い価格帯となっています。

再受験生の場合は仕事等で途中で受講を休止される場合もあるかと思いますが、当塾は月謝制ですのでリスクなく受講いただくことが可能です。

通信指導コースの活用

医学部再受験をすべきかどうか迷われている方も多いと思います。そのような方には、迷っている時間が一番もったいないため、会社や大学を継続しながら、空き時間で勉強を少しずつ開始してみることをおすすめしています。実際に医学部受験に向けた勉強を始めてみることで、イメージがつき本格的に再受験をするかどうかの決断がしやすくなります。

少し勉強を始めてみたいという方には、通信指導コースをおすすめしています。

通信指導コースでは入塾金無料・月額3万円にて指導が可能となっており、リスクが少なく勉強を開始いただくことが可能です。まずは通信指導コースで開始され、本格的に再受験をすると決まってから通塾コースに変更することも可能です。

入塾ご希望の方

入塾をご希望の方は、下記ページをすべてよくお読みいただいた上でお問い合わせフォームより申請ください。

医学部予備校ACE Academyの特色

指導システム

学費・コース

入塾申込・お問い合わせ